gallery diary

factory zoomer/gallery diary


彫刻と食器

安藤さんは食器制作の傍ら彫刻を作り続けておられ、

今回 ズーマ/ギャラリーには、食器と同じ空間に

小さな彫刻たちがいます。

 

彫刻たちは「結界シリーズ」と呼ばれており、

結界とは、一般的には、神社仏閣における聖なる場所と

俗なる場所とを分ける境目のことを言います。

 

その彫刻が持つ美しさの先に、それがあることで

何かいつもと違う空気が流れたり、そう感じることができたら

毎日の生活の中に、今までとはちょっと違う視点や、感覚が生まれます。

 

彫刻を作るときも、食器を制作する時も、同じ気持ちだと

話してくださった安藤さん。

食器は食事をいただく器ではありますが、自由で楽しく

既存の概念から己を解放したいという気持ちで制作されていらっしゃいます。

 

ズーマ/ギャラリーでご覧いただける「安藤雅信展」は日曜日までと

なりました。

ぜひご覧いただきたく、そしてお家に持って帰ってお使いいただきたいです。

モノが、それぞれのお家の佇まいになることがとても楽しみです<y>

 

 

◯ 結界シリーズ

 

黒結晶釉 空気の箱

 

黒銀彩 円環 双

 

黒結晶釉 空気の四角

 

◯うつわ

 

金彩 蓮弁

 

銀彩 朝顔

 

ゆらぎ鉢

 

 

 



→ shop diary

スタッフを募集します。(2017/1/26)



●calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版