gallery diary

factory zoomer/gallery diary


安藤雅信展 銀彩と白釉

安藤雅信さんの陶展がはじまって一週間、たくさんのお客様が

様々な器を選んで行かれています。

それもそのはず、安藤さんの器は、とても種類が多いのです。

同じ大きさの器でも、リムや深さが微妙に違いますが、

それは手作りのラフさという事ではありません。

長年、安藤さんご家族が生活を営んで来られた中で生まれてきた、

必要な形だからです。

緻密に、生活にぴったりなじむ形を試行錯誤された末にできたもの。

生活の隅々にまで行き渡る定番の数々です。

きっと、お客様それぞれにぴったりなじむ形があるはずです。

 

そうして作ってこられた、作り手としてのがむしゃらな精神と、

美しいものを求める美意識と好奇心。

作品の形の端々にまで、そんな深い魅力が宿っています。

 

ぜひ見にいらして下さい。

お越しをお待ち致しております。

(s)

 

純銀を焼き付けた銀彩シリーズと、白い釉薬のシリーズ
 

銀彩カプチーノマグカップ

 

銀彩は、扱いが銀食器と同様です。よく黒ずみを気にされますが、磨けば戻りますし、

金属質ならではの経年変化を楽めるのも魅力のひとつです。

 

シャッポ鉢(貫入)

少しピンクがかった柔らかい色目。貫入に柿渋で色を入れてあります。

シャッポとは帽子の事。ツバとクラウンの絶妙なバランスに、おかずが美しく盛れそうです。

 

 



→ shop diary

スタッフを募集します。(2017/1/26)



●calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版