gallery diary

factory zoomer/gallery diary


17th factory zoomer展のお知らせ

/gallery17回目の展覧会は、factory zoomer/reclaimed blue project 展です。

今年は、去年の赤とはうってかわり、青一色です。どうぞお楽しみに!

 

※尚、初日はゆっくり作品をご覧いただくため、入場整理券をお配りする予定です。

 

 

 

factory zoomer

 

2017.06.30fri.-07.30sun.
11:00→18:00

 

music :
cnblue / biue sky
norah jones / the grass is blue
手嶌葵 / 蒼と白~水辺、君への愛の詩~
sekai no owari / 青い太陽

 

 

reclaimed blue project / 再生する青

 

私がガラスのリサイクルを始めたのは、エコロジーとか自然回帰などという高尚なテーマからは、ほど遠い次元でした。どちらかというと、他人の家の食器棚の心配をするお節介体質からくるものだと思います。
「いらなくなった、めんちょこ、引き取ります」。
「めんちょこ」という名前をつけた黒いガラスを外被せし、カットを施したシリーズの作品を、18年作ってきています。これは工房の定番作品で、簡単に見積もっても十万個は作ってきた計算になります。(実はあらためてビックリしている)まあ、それだけ沢山の方の食器棚にお邪魔していれば、もう片隅に追いやられているもの、捨てるに困っているものもあるはず。(これに関しては、人間はどんな定番でも飽きる動物だと思っているので、最近は案外クールにかまえている)「もしご家庭にいらなくなった、めんちょこがありましたら、工房で溶かし直し、新しい作品に生まれ変わらせます」。と、5年前に「reclaimed blue project / 再生する青」と名付け、工房にたまった廃棄用の黒いガラスを中心に、溶かし直しをスタートしました。ごちゃ混ぜに溶かすと、絵の具のようにグレーのガラスになるかと思いきや、藍色とよんでもいいような深い青が生まれました。特別な調合をしたわけでもなく、ガラスの持っている性質に逆らうことのない溶かし直しで、オマケのようにできた美しい青。直感的に、自由で、少し特別なモノを作ろうと思いました。そして、リサイクルを声高々にうたうのはやめようと、そのモノ自体の美しさに人が惹かれ、再び、側に置いてもらえるモノに生まれ変わらせることが大切で、それがリサイクルかどうかはモノにとっては、実はどうでもいいことだと思っています。そして、その美しいモノを見たくて、性懲りもなく再び作るのです。

辻 和美

 

 

辻和美 経歴
1999年金沢に、ガラス工房 factory zoomer を設立。ガラス器の新しいスタンダードを目指し、デザイン・制作を行う。その後直営店 factory zoomer / shop をオープン。2009年金沢市文化活動賞。2010年〜2016年まで生活工芸プロジェクトディレクターを務める。2016年 factory zoomer / gallery をオープン。

 

 


Love&Peace

6月2日からスタートしたantipast展も日曜日までと

なりました。

沢山の方がご自身に似合う靴下を、また「はいてみたい!」と

トライしたい靴下を、いつの間にか2〜3足、いやいや

4〜5足手に持っていらして嬉しそうに悩んでいらっしゃいます。

 

 

アンティパストのデザインの魅力の1つに、

色の重なり 色の奥行き を感じます。

デザインのストーリー性もさることながら、そのデザインを

より魅力的にみせる手法がそれぞれに違っており、

それが私たちを飽きさせず、いつのまにか これも あれもと

手に取ってしまいます。

 

そして、そのデザインの中には、どこかに「くすっ」と

笑えるような、微笑んでしまうような楽しさや、ユーモアが

潜んでいます。

 

Love&Peaceです。

今日のコーディネートは靴下から♪

そんな日があっても楽しいと思います。<y>

 

 

  

 

 


antipastのバッグとアクセサリー

アンティパスト展も残り5日間となりました。

今回は、靴下の他に、バッグとアクセサリーが入荷しております。

 

バッグは、靴下の生地を繋ぎ合わせて作られています。

ひとつの靴下だけでもかわいいのに、選りすぐりの柄の組み合わせは、

見ていていつまでも飽きません。

 

アクセサリーは、アンティパストのブランドモチーフである蜂とクローバーの形の

イヤリング、ピアス、ブレスレット、ブローチがございます。

 

アンティパストのもの作りは、デザインだけでは成り立っていません。

 

靴下の工場の技術、バッグの縫製、アクセサリーも下町の工場の職人さんたちの手でひとつずつ丁寧に仕上げられています。

確かな日本の技術がこうして守られていると思うと、

値段以上の価値をそこに感じずにはいられません。

そして、本物のメイドインジャパンを身につける。なんとも誇らしい気分になります。

 

そんな背景もありますが...やはり何と言っても心躍るような

可愛らしさはアンティパストならでは。

ぜひ手に取ってご覧になってください。

(s)

 

ブレスレット

 

イヤリング/ピアス

 

バッジ

 

バッグ

内側の被せ布やポケットも凝っています。

 

バッグは、シックなお色から、カラフルなものまで沢山ございます。

 

 

 


アンティパストの世界観

アンティパスト展も後半にさしかかりました。

来て頂いた方は皆様、靴下の種類の多さに圧倒されながらも、

一足一足選んでいかれます。

 

今年、アンティパストは25周年。

ギャラリーの壁面には、アンティパストのもの作りの歴史を振り返った、手描きの図案や、

織り上がった生地を展示しています。

デザイナーのカトウさんとジヌシさんは、高校の同級生で、とってもおしゃれで、ほんわか&クールなコンビ。

最初は2人でコツコツともの作りを始められたそうです。

 

靴下はほとんどの人が毎日着用するものなので、

世の中に色柄豊富な靴下が溢れる程あります。

ですが、アンティパストの靴下は、それらとは一線を画しています。

製品だけれど、その小さな世界はまるで絵本のように、

ストーリー、夢や幸福感がいっぱい詰まっています。

見ているだけでうきうき楽しい気分になります。

 

こんな派手なの履けないわと思う方もいらっしゃいますが、

アンティパストの靴下は、履いてみると、不思議と洋服に馴染みます。

色の配色や素材の使い方が洋服に合わせる事を大切に考えられているからです。

また、元々、紳士物の靴下を作っておられる工場にお願いしたのが

始まりだそうで、紳士物の耐久性や履き心地のよさに繫がる技術を大切に作られています。

 

多くの方は、身体を占める服の部分は無地が多いと思います。

柄があっても一部だったり、遠目では一色に見えたり。

全体に見える部分の少ない足下に少し柄を差し込むコーディネートは、

気軽に色柄に挑戦できます。

大きな柄、細かい柄、シースルー、ラメや多素材使い、色々楽しんでみてください!

(S)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


antipast展 始まりました。

ギャラリーでは、昨日よりantipast展がスタートいたしました。

 

 

デザイナーのantipastさんお二人もいらっしゃっています。

また、今日は来て下さった方に

渡部美保子さんがお菓子を作ってきてくださいました。

 

琥珀糖

展示に合わせてとてもかわいらしいカラフルな琥珀糖。

 

お土産の一口どらやきもございます。

 

ご自由にお召し上がり頂きますので、靴下を選びながら

お楽しみください♪

心よりお待ちしております<y>

 

※今日は百万石行列です。交通規制などお気を付けていらしてください。

 

 


明日からantipast展

明日6/2(金)より、アンティパスト展がはじまります。

デザイナーのお二人もいらっしゃっています。

 

また、明日、明後日、来て下さった方に、渡部 美保子さんが

お菓子を作ってきて下さいます。

一口どら焼きと、琥珀糖を

ご自由にお召し上がり頂けますので、靴下を選びながら、お楽しみ下さい。

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

 

 

◯渡部 美保子さんプロフィール

 

1971年より2003年までの約33年間、(株)ウィンターにてハンドバッグの企画・デザイナーを務める。
2013年 -ひとくち和菓子- 「UN」(あん)をスタート。
仏語 un (ひとつ)は餡子の「あん」…
季節を感じ、季節を彩り、日本に生まれて良かったと思う美しい和菓子をもっとカジュアルに、もっと楽しく、をモットーに。
まるでチョコレートのように一口で頂けるようなちいさな和菓子を、ひつつひとつ手作りしたいとスタート。

 

 

アンティパスト展

6/2(金)〜6/25(日)

詳しくはこちら

 

 

これから靴下をずら〜りとディスプレイします。

お楽しみに!

 

 

 

 

 


彫刻と食器

安藤さんは食器制作の傍ら彫刻を作り続けておられ、

今回 ズーマ/ギャラリーには、食器と同じ空間に

小さな彫刻たちがいます。

 

彫刻たちは「結界シリーズ」と呼ばれており、

結界とは、一般的には、神社仏閣における聖なる場所と

俗なる場所とを分ける境目のことを言います。

 

その彫刻が持つ美しさの先に、それがあることで

何かいつもと違う空気が流れたり、そう感じることができたら

毎日の生活の中に、今までとはちょっと違う視点や、感覚が生まれます。

 

彫刻を作るときも、食器を制作する時も、同じ気持ちだと

話してくださった安藤さん。

食器は食事をいただく器ではありますが、自由で楽しく

既存の概念から己を解放したいという気持ちで制作されていらっしゃいます。

 

ズーマ/ギャラリーでご覧いただける「安藤雅信展」は日曜日までと

なりました。

ぜひご覧いただきたく、そしてお家に持って帰ってお使いいただきたいです。

モノが、それぞれのお家の佇まいになることがとても楽しみです<y>

 

 

◯ 結界シリーズ

 

黒結晶釉 空気の箱

 

黒銀彩 円環 双

 

黒結晶釉 空気の四角

 

◯うつわ

 

金彩 蓮弁

 

銀彩 朝顔

 

ゆらぎ鉢

 

 

 


安藤雅信展 お茶を楽しむ

安藤さんといえば、長年、日本の茶道を嗜んでこられ、各地で教室を開かれるほど

造詣が深くていらっしゃいます。

そんな安藤さん、中国茶の世界にも足を踏み入れ、

今では、本場台湾にも、安藤さんが作る器のファンがいるほどです。

今回の展覧会でも中国茶会をして下さり、茶器やお道具も

たくさん作ってきて下さいました。

 

中国茶は、日本の茶道のようなお手前の型が少なく、おおらかで心癒されるお茶の文化です。

日本の茶道のように、型から生まれる精神的な奥行きは、とても時間が必要ですが、

中国茶のように、見る、聞く、味わうなど、シンプルな事から繫がる心の癒しは、

現代の生活に合っているのかもしれません。

お道具の造形もとっても自由で、安藤さんの彫刻家としての魅力も存分に発揮されています。

 

中国茶と聞くと、普段に馴染みがないかもしれませんが、

中国で飲まれているのも、緑茶がほとんどだそうです。

 

普段の緑茶を飲む時に、茶器やお道具を、さりげなく取り入れてみてはいかがでしょうか?

(S)

 

 

 

 

 

factory zoomer/shop では、渡邉乃月先生による中国茶教室を定期的に開いております。

参加された方は、中国茶の、シンプルに身体や心にじんわり染み渡る感覚に

虜になっておられますよ。ぜひ、ご参加ください。

詳しくはこちら

 

 


antipast展のお知らせ

16回目となる展覧会は、antipast 展です。

/shopでも取り扱っております、靴下をはじめとするニットのブランドです。

靴下を中心に、心躍る色柄のアイテムがギャラリーにたくさん届きます。

ぜひお楽しみに!

 

 

16th exhibition

antipast

 

 

アンティパストは、今年26年目を迎える靴下中心のブランドです。その独自の模様に興味を持ちアトリエを訪ねたのが6年前。デザイナーのカトウさんとジヌシさんに実際にお会いしてお話を重ねる度に、靴下一足一足に込めた二人の想いに心打たれる。よく見ると、そこには、天使や小鳥や多くの草花、そして、ピースマークなどが、どのシーズンも繰り返し登場する。裏テーマには、どこか、アメリカの60年代のカウンターカルチャー、love & peaceを感じさせずにはいられない。そう、既存の文化に対抗する文化を、足元から熱く発信しているなんて書くと、大袈裟だよって言われるだろうか?
いやいや、アンティパストの意味も、メインディッシュを洋服とすると、靴下をはじめとする小物は、洋服をより引き立てる前菜という意味だけではなく、anti-past ―過去ではなく、未来に向かって!というどこまでも、次を、明日を、前を見ている二人は、哲学、美学、そしてどこかにanti-な気持ちをいつも持ち合わせたロックな方々なのです。
さあ、明日、アンティパストを履こうじゃないか!                            

辻 和美

 

 

antipast 経歴  
1991年2月 Coup de Champignon 設立。1992年10月 PARIS PREMIERE CLASS にANTIPASTとしてデビュー。2000年 3月まで PARIS PREMIERE CLASS の3月、10月展に出展。2000年10月、PHILIPPE MODEL氏所有のメゾンにてプライベートコレクションを開始。2005年、S/Sシーズンよりアクセサリー中心のANTIPASTに加え、ウエアーを中心とした +ANTIPAST を開始。2007年10月、パリの展示会を TER ET BANTINE SHOWROOM に移転。現在は年2回のペースでパリ、ミラノ、東京にて展示会を開催。

 

 

music :
various artists / my best friend's wedding (original soundtrack)
dulce pontes / a brisa do coração
claudine longet / the look of love
various artists / a letter to true (original soundtrack)

 

 


安藤雅信展 銀彩と白釉

安藤雅信さんの陶展がはじまって一週間、たくさんのお客様が

様々な器を選んで行かれています。

それもそのはず、安藤さんの器は、とても種類が多いのです。

同じ大きさの器でも、リムや深さが微妙に違いますが、

それは手作りのラフさという事ではありません。

長年、安藤さんご家族が生活を営んで来られた中で生まれてきた、

必要な形だからです。

緻密に、生活にぴったりなじむ形を試行錯誤された末にできたもの。

生活の隅々にまで行き渡る定番の数々です。

きっと、お客様それぞれにぴったりなじむ形があるはずです。

 

そうして作ってこられた、作り手としてのがむしゃらな精神と、

美しいものを求める美意識と好奇心。

作品の形の端々にまで、そんな深い魅力が宿っています。

 

ぜひ見にいらして下さい。

お越しをお待ち致しております。

(s)

 

純銀を焼き付けた銀彩シリーズと、白い釉薬のシリーズ
 

銀彩カプチーノマグカップ

 

銀彩は、扱いが銀食器と同様です。よく黒ずみを気にされますが、磨けば戻りますし、

金属質ならではの経年変化を楽めるのも魅力のひとつです。

 

シャッポ鉢(貫入)

少しピンクがかった柔らかい色目。貫入に柿渋で色を入れてあります。

シャッポとは帽子の事。ツバとクラウンの絶妙なバランスに、おかずが美しく盛れそうです。

 

 


| 1/8PAGES | >>

→ shop diary

スタッフを募集します。(2017/1/26)



●calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版