gallery diary

factory zoomer/gallery diary


サロン入荷しました

安藤明子さんのサロン展が始まって、一週間になりました。

定番の重ねサロンのラピスラズリが新しく入荷しました。

少し紫がかったとても綺麗なブルーです。

そして、一点もののサロンが2点、入荷しました。

 

ミナ・ペルホネン bonheur

 

ミナペルホネンとのコラボレーションのサロンは、

サロンの展覧会でのみ限定販売です。

 

真ん中の水玉のサロンが入荷しました。

 

サロンは、お好きな色や素材を色々重ねてみて、選ぶ楽しさが醍醐味です。

ぜひ一度、試着していただきたいです。

スタッフにお気軽にお声掛けください。

(s)

 

 

 


今日から安藤明子展です

ようやく金沢も、秋の気配がして参りました。

ギャラリーでは本日から、安藤明子さんのサロンの展覧会が始まります。

定番の綿や麻のサロンから、さまざまな素材、テキスタイルがずらりと並んでいます。

秋にぴったりな衣類も揃っていますので、ぜひ、見にいらして下さい。

今日は、安藤明子さんが在廊されますので、サロンの着付けをして下さいます。

サロンをお持ちの方はぜひ持っていらしてください。

お待ちしております。

(s)

 

 

 

 


明日から展示替えになります。

今日で lee gee jo展が終了いたしました。

沢山のお客様に来て頂きありがとうございました。

 

明日から15(木)まで、ギャラリーは展示替えの為お休みになります。

次回は16(金)から 「ando akiko」の展覧会になります。

初日は、安藤明子さんも在廊されますので、是非お出掛けください。

どうぞお楽しみに<y>

 

 

 


ギジョさんの器が入荷しました

韓国から、ギジョさんの追加の器が届きました。

品切れになっていたものも入荷しました。

 

今回、新しく入ってきたのが、下段中央のお鉢です。

一番大きなお鉢(左)と、小さなお鉢(右)の間の大きさです。

スープや日々のおかずを盛るのに使い勝手のよさそうなサイズです。

また見にいらして下さい。お待ちしております。

会期は9月11日(日)までです。(S)

 

 


7th ando akiko展

  • 2016.08.26 Friday
  • -

第7回目の展覧会は、安藤明子さんのサロン展です。

 

7th exhibition
ando akiko

2016.09.16fri.-10.16sun.
11:00 →18:00

 

日本のサロン

サロンとはもともとは、インドネシアやマレー半島の民族衣装である。マレー語で「袋」を意味し、 長さが1.5〜2メートル、幅は1メートルほどの布を筒状に縫て身につけることでその名前が付いて いる。男女関係なく身につけることが出来、チェックやバティックの文様が可愛らしく、布好きな 私は、何枚か買って持ってはいるのだが、何が難しいかというと、身につけ方である、紐もなく、 余った布地を畳み込んで腰に挟むらしいが、何だかモタモタするのである。どうしたものかと思い あぐねていた時、明子さんのサロンに出会った。 その形は私が知っているサロンの中では一番コンパクトで、共布の紐が付いていた。着物の腰紐と 似た作りで、これがあると無いでは安定が違う。また、腰の周りの布地は、引っ張りに強い横布が 使われていたり、切り替えが伸び止めになっていたりと、細かい工夫がされている。最初は彼女自 身の日常着を作るつもりで、古い着物を解体していったという。つまり原型は一枚の着物からでき ていると知り、なんだか、とても嬉しくなってしまった。きっと、明子さんもどこかで魅力的なア ジアのサロンに出会い、心惹かれ、現代の日本女性の生活にどのように受け入れてもらえるか、自 分自身が実験台になり、あれこれ悩んだ形が今なんだろうなー。
明子さんは言う、「私のサロンは衣生活様式の装置。自分は生活に合わせ整理していっただけ、今 は身につけてくださる皆さんがサロンを進化させてくれてる」と。あくまでも謙虚なお言葉。いや いや、明子さん、スカート、パンツ、シャツ、アキコサロンとなる日も近いと思うよ。

辻 和美

 

● 9月16日(金) 安藤明子さんが在廊されます。サロンの着こなし、着付けの相談を承ります。


安藤 明子 径歴
1965年 兵庫県西宮市生まれ。
結婚後自らの衣生活について考え始め、古今東西の布を用いた年齢体型性別問わず、長く着られる
定型の衣服というコンセプトで、サロン(筒状のスカート)や上衣などを作り始める。
1998年10月 陶作家の夫・安藤雅信とギャルリ百草を開廊。
真木千秋、谷口隆、ミナ・ペルホネン、spologum、しょうぶ学園、nui project との
コラボレーションを続けている。


9月お休みのお知らせ

9月のお休みのお知らせです。

 

/gallery

 

 5日 (月) 

12日(月) 

13日(火) ※展示切り替えの為お休み

14日(水)   ↓

15日(木)   ↓ 

20日(火) ※19日(月)が祝日のため振替 

26日(月) 

 

・安藤明子展   9月16日(金)〜10月16日(日)

 

 

/shop

 

 7日(水) 

14日(水) 

21日(水) 

28日(水) 

 


スッカラ再入荷しました

完売していたスッカラが入荷致しました。

 

 

スッカラは、ひとつひとつ形や重さが違っています。

韓国では、昔から調理道具としても使われており、

様々な用途で使い分けされるそうです。

チェさんの書籍「スッカラ」に、使い方やエピソードが綴られていますよ。

 

もうひとつの書籍「空想食堂」

ギジョウさんの器に盛られたチェさんの料理がとても美しい写真で紹介されています。

(S)

 


 

 

 

 

 


ヤン・ビョンヨンさんの小盤

 

 

こちらの小盤(ソバン)は、木工芸作家のヤン・ビョンヨンさんの作品です。

小盤とは、食事や酒などを載せる膳として韓国では伝統的に用いられてきました。

ヤン・ビョンヨンさんは木地から漆塗りまでの行程を一人で行っている為、

大量生産はできません。

今回はlee gee jo展の為、制作していただきました。

ご注文も承っておりますので気になる方はどうぞお声掛ください。

 

片手で持ち上げられる程軽くどこにでも持ち運びできる小盤。

日常生活の中に様々なシーンで登場してくれそうです。

お酒と肴を載せてお月見。。。

 

lee gee jo 展は9月11日まで開催しております。

是非足をお運びください。お待ちしております<y>

 

 

 


チェさんの振る舞いおつまみとお茶

イ・ギジョウ展、初日始まりました。

 

チェ・ジウンさんによる、韓国伝統料理のおつまみ、お茶を

ご用意しております。

ぜひいらして下さい。お待ちしております。

 

 


lee gee jo 展 始まります

明日から、lee gee jo展が始まります。

ギャラリーは、先週までの情熱的な赤から、

白の凛とした空間に塗り替えられました。

 

明日の初日は、チェ・ジウンさんによる、韓国伝統のお茶とおつまみをご用意して

お待ちしております。

 

ギジョウさんも午後から在廊されます。

 

 

 

 

 


| 1/5PAGES | >>

→ shop diary



●calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

●selected entries

●categories

●archives

●search this site.

instagram

facebookページ

twitter

スマホ版